PR

ミニマリストが自粛休暇中にやめたこと、やったこと

ミニマルな思考
記事内に広告が含まれています。

自粛休暇中に
私がやめたこととやったこと、のお話です。

不測の事態でも
ポジティブにとらえると、よい変化や気づきがたくさんありますね。

やめたこと

ノンストップだった仕事

やめた、というか休みになりました。
お世話になっているフィットネスクラブやスタジオ、公共施設がウイルスの影響で休館になったので、
私もお休みをいただけました。
自分にとっては思いがけず恵みの長期休暇に感謝です。

流行りでも魅力を感じないこと

SNSでのライブ配信やZOOMによるオンラインレッスン等をあらたに積極的におこなう方が増えました。
状況に応じて対応されるすごさを拝見しながらも、私も…とはなれませんでした。
レッスンに関しては、自分で受けたいやりたいとは思わなかったからです。
それなのに、ましてや仕事ととして提供するなんて不可能です。
やめた、というか始めてもいないので、正確にはやっていないこと。
(ただ、連絡手段、打ち合わせやセミナー受講など自分にとって利便性を感じる面では、今後も活用したいと思います。)

過剰なSNS

SNSも流し見する程度に、投稿もほぼお休みしていました。
過剰なつながりは求めない、孤独をたのしめる根暗な内向的人間。
狭い範囲だけの過度な情報収集もやめました。
無駄な時間が減ったように思います。

がんばること、無理すること

本心、ゆっくりしたい休みたい、がいちばん
一切がんばらない無理しない、を実行
今の私には、こういう時間が必要でした。

習いごと

5年ほどつづけて通っていた習いごとをやめました。
東京にいるメリットの大きなひとつでもあり、この時間は仕事も一切受けないほどの、
これはほんとうに最後に決断。
仕事同様、やっぱりオンラインでまで受けたいともならず、
この時間を今は違うことに充てたいと思うようになったからです。
「今」はちがうなと気づき、思い切りました。
でも好きは変わらないので、またいつか通うのかも。

やったこと

とことん休む

純粋に生活をする、ということだけを大切にしました。
だらだらする、のではありません。
規則正しく、食事と運動は適度に、睡眠は充分に。
生きているだけで
仕事をしなくても時間はあっという間に過ぎてしまいました。

仕事以外のことに目を向ける

長く休みになったからこそ、仕事を考えないことができた気がします。
年末年始休みだけではどうしても考えてしまって。
休みだけど休めてない?
しかも視野も狭くなる。
本当に休むってむずかしかったのですね。

不要なモノを手放すこと、整理整頓

片付けや掃除、家事・節約、契約や登録なども見直し把握を含め整理整頓。
書類関係もクローゼット内も日用品関連も、
まとまって断捨離もまた、
存分にできてすっきりと。

デジタル化の徹底

オンラインレッスンはダメでも、必要なことはデジタル化したい派。
PCやスマホのデータも整理、できることはIT技術を駆使して効率よく、が理想です。
生活をミニマルにシンプルすることは、デジタル化にも通じる面も。
疎いところも多く、少しずつ勉強です。
もっとアンテナをはっていたいと思います。

自分に向き合う

いろいろ整ったからこそ、自分も大切にできるようになるように感じます。

緊急時でも
ピンチはチャンス
普段できないこと
今しかできないことが
あります。


余白とゆとりがあるだけで
こんなに豊かになれるなんて

しあわせ





最後までご覧いただきありがとうございます。

AYA

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村