PR

電気代節約!省エネ!【エアコン冷房】夏の暑さ対策

生活・暮らしを楽に
記事内に広告が含まれています。
  • 年々暑くなる夏、エアコン冷房は必須!
  • 部屋で快適に過ごしたい
  • できるだけ電気代を抑えたい
  • 省エネ、節電に効果的な使い方って?
  • 掃除やクリーニング方法を知りたい
  • お手軽に涼しさアップするには?

あついーーーーー

熱中症に気をつけなきゃ

でも
電気代もかかるんだよなぁ・・・・




この記事では、

今すぐ簡単にできる!

暑い夏でも効率的なエアコンの使い方

をまとめてみました。

すぐ実践できることばかりなので、ぜひ!

暑さにカラダに、冷房必須


熱中症リスクも高まるこの暑さでは、健康のためにも冷房はマスト

ガマンせずに、きちんと使いましょう。


でも、できるだけ効率よくしたいもの

✔ 電気代は節約したい
✔ 掃除の手間を減らしたい

ミニマル志向のずぼら人間が、心がけていることがあります。

簡単な電気代の節約法

設定温度・室温は28℃

設定温度は26~28℃

室温は28℃


が推奨されています。


冷やしすぎず適度な温度にすることで

電気代をムダに消費せずに済み

体調管理にも◎


⚠ 暑さが厳しいときには、寝ている間にも冷房を使いましょう。

タイマー機能など活用するのもオススメ



また、冷房で意外と乾くんです。

汗がひいた後や冷房の効いた室内では

保湿にも気をつけたいところ

>>>>わたしの保湿(スキンケア)法

外から熱気を入れない

できるだけ外の熱気を入れないようにすること


エアコンが使うパワーを減らせるので、節電につながります。


ドアや窓の開閉を減らしたり
カーテンやすだれで日差しをカットする
など


我が家もブラインドのあるなしだけで、体感温度がちがいます。

フィルターの掃除

こまめにフィルターを掃除すること


ズボラなわたしは最低限の月1かもっと…

それでも(掃除しているぶんw)効きの衰えは感じません。



フィルターがホコリ等で目詰まりしていると、同じ温度や設定でも多くの電気を必要とします。


じつは非常に汚れやすくカビも発生しやすい環境が整っているフィルター


そのまま使用を続けると、部屋にカビやホコリを放出することになります。

すると、嫌なニオイがしたり、健康被害も生じかねません。


フィルターは

✔ 取り外すのも簡単

✔ 掃除も【ホコリをとる→洗う→乾かす】と簡単

なので、できるだけマメに行いたいところです。

ズボラ掃除法


① ハンディモップ等(あれば掃除機)でホコリをとる

② 時間がないときは、洗わず水拭きで済ませる



やらないよりは良し

忙しいときは、これだけでも違います。

プロのクリーニング


汚れがヒドイ

大変なとき困ったときは、プロの力に頼るのが賢明です。

エアコンクリーニングを探す




わたしもあったんです・・・

気がついたらカビが生えていた!!!!

という衝撃


そのときにお世話になって、

エアコンから出る水の黒さにさらに驚愕


ここまでは自分では絶対ムリ

価格も1万円ちょっと

数年に一度は定期的にお願いすると安心です♪


現在キャンペーン中!
↓↓↓↓↓↓↓

エアコンクリーニングを申し込む

室外機のまわりに物を置かない

室外機とまわりはきれいな状態にして

半径20cm以内には物をおかないようにする


意外と見逃しがちな外

✔ 室外機の吹き出し口が物でふさがれたり

✔ ゴミや葉っぱなどが詰まったり

していませんか?


室外機のまわりに物があるだけでも

空気の流れが悪くなり、動作効率が下がってしまう


すると、電気代も余計にかかることになります。

消費電力・電気代は「送風<冷房」


消費電力量がもっとも少ないのは「送風」

「冷房」より「送風」の方が、電気代が少ない


とはいえ

快適な温度や状態にして保つことが、カラダにとっては第一

送風と冷房、それぞれうまく使用したいところです。

こまめに消すより、つけっぱなしがいい

冷房は、つけ始めにいちばん電気代がかかる


室内の空気が設定温度に達するまでに、大きくパワーを使い

設定温度に達した後は、室内の温度を保つため弱運転に変わります。

頻繁につけたり消したりするよりも、

つけっぱなしにした方が電気代を抑えられる


わたしも長時間あけるとき以外、近くに買いもの程度なら

消さずにつけたまま出かけるようにしています。

消す前の「送風」でカビ対策

エアコンを消す前に「送風」にすることで

節電にくわえ、カビ対策の効果もあり


わたしも冷房後、しばらく送風にしてからスイッチを切るように意識しています。


理由はこちら

スイッチを消した後ではなく、“消す前”がポイントです。

冷房運転を行うと、エアコン内部は結露します。

ですから、そのままにしておくと、大変カビが生えやすい状況になってしまいます。

そこで、少しでもカビの発生を抑えるために、お部屋を冷やした後は30分~2時間程度“送風運転”をしてからスイッチを切りましょう

そうすることで、エアコン内部が乾燥し、カビが生えにくくなります。

ウェザーニュース より

体調第一


ちょっと知っているだけで、すぐに節電対策ができます♪

とはいえ、やり過ぎは禁物


まずは自分の心地よさを大切に

身体は資本
健康第一

暑い日々が続く季節も、どうかご自愛くださいますように




最後までご覧いただき、ありがとうございます。

▼

ポチッと押して応援いただけると
大変うれしいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いた人
Ayazami

シンプル好きな内向型ミニマリスト。
健康運動指導士(フィットネスエアロビクスインストラクター)として2010年~フリーランス活動中。
半径5メートルの世界で健やかにたおやかに暮らすためのライフハックを簡単にまとめています。
サイトデザインとコーディング例のサイト▶https://www.ayakoazami.site/

Ayazamiをフォローする
生活・暮らしを楽に
シェアする
Ayazamiをフォローする