PR

洗濯物の部屋干し【室内物干しかけ】でスッキリ!おすすめ

生活・暮らしを楽に
記事内に広告が含まれています。
  • 仕事や生活スタイルで部屋干しが多い方
  • 雨の日や梅雨の時期

に役立つ!

お手軽&お手頃な

部屋干しアイテム「室内物干しかけ」をご紹介します。

室内物干し掛け ロング
created by Rinker



部屋に干しても

  • 乾かしやすい
  • 狭くならないよう、スペースを有効活用したい
  • 掃除や片付けほか、生活のジャマにならないようにしたい
  • 視界もスッキリがいい

など

なるべく負担なく効率的にしたい方に、読んでいただきたい記事です。

室内物干しかけ

サイズなど


使ってよかったのがこちら

室内物干しかけ

室内物干し掛け ロング
created by Rinker



わたしはロングタイプを愛用中


【サイズ】
約縦27×横5×高さ6cm
※鴨居の幅に合わせて2~4.5cmまで3段階調節が可能

【耐荷重】
6kg/2個  (約3kg/1個)

【個数と価格】
2個セットで約1000円というお手頃価格




※ 約23×3.5×4.5cm、従来のサイズもあります。

室内物干し掛け
created by Rinker

使い方


ネジ・釘・工具不要!

鴨居・窓枠・扉枠などに、簡単にサクッと付け外しできます。


わたしは窓枠に2個設置し、物干し竿をのせて使っています。

(※ 竿のサイズ:パイプ径32mmまで)



ほかにも

■ 1個ずつ別の場所に取り付けたり

■ ハンガーがずれず&重ならずにかけられたり


生活パターンに合わせて、いろいろな活用法があります。

メリット


✔ カーテンではなくブラインドなので、窓際に干すのも湿気やカビなどほぼ気にならない

ブラインドが快適な話はこちら

✔ 27cmだと適度に距離があるので、窓にもブラインドにも触れずに干せる

✔ あけると外の風がすぐに入る

✔ エアコンも近いので、窓をしめてもがあたりやすい

✔ 取り付けが簡単

✔ 工具不要、穴をあけたり傷もつかず賃貸でもOK

✔ 6㎏の耐久性なら、濡れた洗濯物を干しても落ちない

✔ 床の空間の余白が保て、見た目スッキリ掃除もしやすい

✔ 低価格コスパよし

など


デメリットが見当たらず。。

<参考>
Amazonのレビューには、
“何もかけていないと、落ちてしまう”
旨の記載がありました。
わたしは物干し竿を置きっぱなしなためか、
そのようなことはありません。



これだけ簡単な仕組みなのに
すごいなぁと

とても良品だと思います♪

ハンガーラックとの比較


以前は、キャスターがついた移動式のハンガーラックを使っていました。


しかし、

✖ 床の空間が狭くなる

✖ 見た目でもモノがある感が増す

✖ 掃除でいちいち移動する手間がかかる

✖ ラック自体も掃除しなければならない

✖ 今の半分くらいのサイズ幅で、洗濯物の間隔が充分にとれない



これ、なくしたい


と思って、

変えて正解◎



● 床は広々、スペース維持

● 視界スッキリ

● 掃除・移動の手間なし

● 干せる量は満足、洗濯物の量によっても調整できる


快適なりました。

おすすめシーンまとめ


わたしの場合は、

・フリーランスなので、家をあける時間も洗濯する時間も日によって異なる

・外に干すと花粉やホコリ、虫がつくのが気になる

ので、部屋干しが多いんです。



なるべくスッキリさせつつ楽に乾かしたいと

探して見つけて、使い始めて1年ほど経ちましたが

落ちたり劣化もなく、重宝しています。

室内物干し掛け ロング
created by Rinker




ライフスタイルや天候、時期によって

部屋干しをする際にぜひ!


買ってよかった一押しアイテムです。









最後までご覧いただき、ありがとうございます。

▼

ポチっと押して応援いただけると
大変うれしいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いた人
Ayazami

シンプル好きな内向型ミニマリスト。
健康運動指導士(フィットネスエアロビクスインストラクター)として2010年~フリーランス活動中。
半径5メートルの世界で健やかにたおやかに暮らすためのライフハックを簡単にまとめています。
サイトデザインとコーディング例のサイト▶https://www.ayakoazami.site/

Ayazamiをフォローする
生活・暮らしを楽に
シェアする
Ayazamiをフォローする