PR

健康なダイエットに【リンパマッサージ】やさしいセルフケア

健康・身体
記事内に広告が含まれています。

・痩せたい、スタイルを整えたい

むくみや冷えが気になる

・コリやハリを改善したい

・自分でできるリンパマッサージのやり方を知りたい

・忙しい、時間を有効に使いたい

などの方に、読んでいただきたい記事です。



健康運動指導士の資格をもつわたしが

実際に2ヵ月でー3Kg落とし

体調・体型を整えるために日々おこなっている

セルフケアのひとつが「リンパマッサージ」です。


お風呂で湯船に浸かっている時間を有効に活用

具体的なルーティンを紹介します。


よかったらぜひご参考に!

気になる部位から取り入れてみてくださいね。






<この記事を読むとわかること>

今日からできる!

健康運動指導士がやさしくシンプルに解説

リンパマッサージのやり方

深部リンパマッサージとは

やせスイッチ


肌を軽くさする程度の一般的なリンパマッサージをベースに

深部にアプローチするリンパマッサージを参考にしています。

やせスイッチを押せば驚くほど細くなる 深部リンパ開放マッサージ
created by Rinker


通常のマッサージでは6%のリンパ液しか流れていないのに対し、深部リンパマッサージは筋肉や骨にアプローチし、10倍効果が得られます。

今までのリンパマッサージは皮膚下の浅いリンパを流すもの。

しかし、実は太いリンパ管は骨や筋肉に近い場所にもあり、ここにリンパ液の94%流れています。

深部リンパマッサージはここに働きかけ、浅部リンパと深部リンパをつなぐ管を開放。

短時間に大量の老廃物の排出を促します。

Amazon より

効果


「深部リンパマッサージ」は

従来のリンパマッサージと比べて10倍もの老廃物の排出効果があると!

✔ 血流が改善血行がよくなる

✔ 身体が内側からあたたまる感覚

✔ むくみコリ解消

✔ 身体のだるさ重さ軽減

✔ 疲労回復

など

わたしも実感しています。

基本のマッサージ法

リンパ節に向かって、リンパ液を流し込むようにマッサージ


そこからより太いリンパ管へ流れだしていきます。



リンパ節は細菌や老廃物がたまって詰まりやすい部分

まずは、リンパ節自体のマッサージが必要です。

リンパ節を開ける

最終的にリンパが流れ込むリンパ節開放しておく


親指や四指で軽く圧迫動かします

(↓グーにしたり人差し指の第二関節を使うのも◎)

道をつくって流す

末端からリンパ節に向かってさすって液を流す


ここでリファが活躍!


✔ 適度な力で流しやすく
✔ 手指の負担なく

マッサージできるのでオススメです。

MTG ReFa MOTION CARAT(リファモーションカラット)
created by Rinker

マッサージルーティン

鎖骨


最初にマッサージをしておきたいのが、鎖骨のリンパ節


鎖骨は、リンパ液の「最終ゴール地点」とも言われ

全身から集められたリンパが流れ込み、最も詰まりやすいリンパ節です。


鎖骨リンパが滞ると、身体全体のリンパの流れが悪くなってしまいます。



やりやすいマッサージのやり方は

① 右鎖骨なら右の首を手のひらで包むように、親指を下に向けて右手を添えます

② 主に親指で、鎖骨の上側の骨のキワを軽く押します

顔・頭・首


・まゆげ
・こめかみ
・目のまわり(は特にやさしめに)
・頬骨
・鼻のきわ
・耳のまわり
・顎の下から輪郭にそって
・首

① それぞれ指の腹や関節で、軽く押します

② 顎の方からリフトアップさせるように、リファで流します

③ 耳の下から後ろから、首を通り鎖骨に向かって流します


肘関節わきの下が、リンパ節


それぞれ

① 腕をつかむようにして指で指圧します(ついでに周辺の肉を揉みほぐします)

② 手首から肘に向かって流します

③ 肘からわきの下に向かって流します

横隔膜とお腹


とくに横隔膜は

直に触れるよりも服を着ていた方がほぐしやすいので

お風呂ではお腹を揉む程度


横隔膜


気づいたときに

横隔膜

座った姿勢で息を吐きながら

肋骨下弓(骨のキワ)に指3本を入れて押していきます

お腹(腸)


お腹の筋肉も、硬くなっています。

にもリンパがあり、ほぐしが効果的

うつ伏せになって

ボールお腹の下におき

体重をかけることで軽く押し、リリースしています


※ 鼠径部(脚のつけ根)部分も同様にほぐせます!

トリガーポイント(TRIGGERPOINT) マッサージボール
created by Rinker

① それぞれ適度に指圧していきます


足指・甲・足首

⑴ 手で足指を揉んだり関節を曲げ伸ばしたり、足の指の間に手の指を入れて握ったり、丸めたり反らせたりします。

⑵ 足の甲の骨の間を、1本1本分けるようにさすります。

⑶ 足首くるぶし周辺を指で押していきます。


ふくらはぎ・脛

⑴ 滞りやすく第二の心臓であるふくらはぎを揉みほぐします。

⑵ 脛の骨のキワも指圧しながら、だんだんと上へ





⑴ 膝裏リンパ節を指で押していきます。

⑵ 膝のお皿まわりも軽くほぐします。



鼠径部(脚の付け根)

⑴ 股関節まわりを指や手のひらで押していきます。

⑵ お腹の下部の方までおこないます。

⑶ 内側は滞りがちで外側は張りやすいので、付け根まわり全体的に。(お尻との境目の肉も軽く揉みほぐします。)



② 足首~膝裏へ流します

③ 膝~腿の付け根へ(内側も外側も)流します

あわせて読みたい「むくみ」について


むくみについて詳しく知りたい方は、こちらもあわせてご覧ください。

>>>むくみの原因と対策

理想的な夜の過ごし方


血行がよくなると、思考も活発になるよう

マッサージ中に、アイデアがよく浮かんできます。


お風呂でゆっくりとセルフケアのリンパマッサージをして

芯から温まって血流をよくして

日付が変わる前に眠る


これが最高で理想的ですね。






最後までご覧いただき、ありがとうございます。

AYA

▼

ポチッと押して応援いただけると
大変うれしいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

この記事を書いた人
Ayazami

シンプル好きな内向型ミニマリスト。
健康運動指導士(フィットネスエアロビクスインストラクター)として2010年~フリーランス活動中。
半径5メートルの世界で健やかにたおやかに暮らすためのライフハックを簡単にまとめています。
サイトデザインとコーディング例のサイト▶https://www.ayakoazami.site/

Ayazamiをフォローする
健康・身体
シェアする
Ayazamiをフォローする