PR

親知らずの抜歯のあと、ドライソケットになった【体験談】症状や治療のこと

健康・身体
記事内に広告が含まれています。

親知らずが生えてるみたいなんだけど、このままでいのかな?

歯医者さん行くのって、なんかコワイ!

定期検診も受けてないなぁ・・

歯を抜いた後、なかなか痛みがひかない・・・

ヒドくなってる気もする!?


などの方へ


わたしの結論:抜歯してよかった!

最新歯科情報

・親知らずの虫歯に気づいていなかった

・親知らずの抜歯はスムーズでも、「ドライソケット」で痛かった


自身の体験談として

✔ 親知らずが気になったきっかけ

✔ 当日の流れ(本数、時間、痛みや腫れなど)

✔ 「ドライソケット」の症状や治療

をご紹介します。



わたしも心配で事前にいろいろ調べたので

ちょっと稀なケースの一例としても

参考になりましたら幸いです。

親知らず抜歯のきっかけと前知識


まず右下の一番奥の歯

食べるときにたまにあたるかなー・・という程度で

痛みはないものの、一部分しか見えていない?のが気になり


ズレたり曲がったりしてるのか?

変な風に生えているのか?

だとしたら、
これは抜いた方がいいのか?

・・・とか、気になって検診を申し込みました。


じつは初めての歯医者さんでドキドキ

ほかに悪いところがないかも、合わせて診ていただきました。



その結果、

親知らずは気になっていた右下だけではなく

歯医者さん
歯医者さん

上は左右両側、生えきっていますよ~

両方とも黒くなってますね~

えーーーーーー
!!!!!!!

自分では見えない上側は、盲点でした。

しかも、黒くなっている(=虫歯)と指摘され

ビックリ
ショック
(泣)



歯医者さん曰く

「親知らずは奥で磨きにくいのもあり、虫歯になりやすい」

「そのままにしておくと、ほかの健康な歯まで侵食しやすくなる」


と伺い、即!抜歯を決断



歯だって

✔ 「絶対に必要」なわけではない親知らず

✔ 磨きにくく

✔ すでに蝕まれていて

✔ 健康なまわりの歯に悪影響を及ぼしうる

ならば、いりません。


できるだけ早く抜きたい

問題はすぐに手放したい

ミニマリスト思考


抜歯の前知識として、

✔ 上側はそれほどでもないが、下側は腫れる可能性が高いこと

✔ 喋れなくなるわけではないこと


など、あらかじめ丁寧に教えてくださいました。



とりあえず

レントゲン写真も撮って、歯のお掃除もしていただいてスッキリ!


しかし

自分の歯も把握できていなかったことが残念

この機会に知ることができ、よかったです。


検診って大事!!

身に沁みました。

親知らず抜歯の当日

左:1回め(右側の上下)
右:2回め(左側の上)
記念にともらったものの、写真に収めて捨てました

本数


片側ずつなら、2本でもOK


両側だと噛むのに食事に支障がでるので、できないとのこと


わたしはまず
 右側の上下2本を一気に抜歯

落ち着いてから
② 左上1本を抜歯



左下はレントゲンにはうつりますが
まったく見えていないので虫歯等のリスクはないと判断
今も抜いていません。
(これから見えてきたら、そのときに考えます)

所要時間


歯並びよくまっすぐキレイに生えていたので、体感で1本1~2分


まるで一瞬のように終わりました。


気になっていた右下

半分ほどしかみえていなかっただけで

生え方は問題なかったようです。



頬の方に少し傾いていたという左上は

少し器具が入りにくかったとのこと

それでも体感2~3分

痛み


麻酔の注射がいちばん痛かったのではないかというほど

実際の抜歯のときには、ほぼ痛みがないくらい


麻酔しばらく違和感が残りました。


でもその後、ストレッチ系のレッスン(仕事)も行える程度


ずっとズキズキする感じではありましたが

寝る前まで痛み止めを飲まずに済みました。

顔の腫れ


わたしは、ほとんどなし

幸運にもスムーズに抜歯ができたから

腫れやすいという下側も含め

「言わなければ分からない」ぐらいで済みました。

期間・経過


□ 初回の抜歯 (2018.11.30)

□ 翌日検診で問題なし

□ 痛みが増し再受診 (2018.12.4)

→ドライソケットの診断・治療開始


□ 2回目の抜歯 (2019.3.5)

□ 経過とクリーニング (2019.4.4)

□ 定期検診にて初の虫歯 (2019.7)

□ 約4か月ごとに定期検診受診中

→現在問題なし

個人差大きい


とくに

時間・痛み・腫れについて

生え方や状況等によって、かなり個人差がありそうです。


わたしは運よく、まっすぐに生えていたので

抜歯自体はとても簡単にすみました。


しかし、これだけでは終わらず

「ドライソケット」になってしまうことに・・・

親知らず抜歯後に起こり得る症状

ドライソケット

抜歯直後はほとんど痛くなかったのに

日が経つにつれてだんだん痛くなってる気がする・・・


気になって、念のため数日後にふたたび歯科へ

すると、

右上は塞がってきているのに

右下は「本来できてあるはずの血の塊が不運にもとれてしまっていた」らしい!

これが「ドライソケット」でした。

ドライソケットとは

ドライソケットとは

抜歯後の傷に血餅(血液がゼリー状になったもの)がみられないために歯槽骨が露出し、傷に強い痛みがあることをいう。
抜歯の偶発症で、下顎の埋伏智歯の抜歯後のものが多い。
通常の場合、抜歯後に麻酔が切れれば痛みがあるが、その後は次第に痛みが弱くなっていく。
しかし、ドライソケットの場合は、2 – 3日後くらいから次第に痛みが強くなっていく。


原因
通常、抜歯後の傷は血餅で塞がれるが、患者が過剰なうがいをしたり傷を気にして触ることにより、血餅が十分に形成されなかったり脱落してしまうことによる。
また、感染による炎症で血餅が溶解することもある。

治療
傷口の洗浄、消毒。抜歯した傷口内部を掻爬して再出血させ、血餅を形成させることもある。

Wikipedia より

症状と原因


傷とか苦手であえて見ないようにしてたものの、さすがに痛みも気になり鏡をのぞいたら・・・

穴があいてる(抜歯した)部分に、なにやら白いモノが!!

まさか、これ骨!?

と、急に不安になる

✔ 穴がまったく塞がらない

✔ 水さえしみる

✔ 血の味が続く

✔ 痛みが日に日に増している


そのせいだったのかと

あとから思うとズバリ、その通りの症状でした。

歯医者さん
歯医者さん

これ以上にないくらい簡単に抜けた


これに甘えて

抜歯後も、普通に仕事(フィットネス)=動いて喋って、かつ食べて・・・

してたからでしょう。

(反省)

治療


再度、痛み止めの薬と引き続きの治療


具体的には

むき出しになっていることで痛みを生じるので

穴に消毒のガーゼをつめていただいて

そのまま通常通りの生活を送る


そして

徐々に塞がるのを待つ


つめるのに押されるときは、けっこう痛いですが

ガーゼがあるだけで、穴が閉じられているだけで

断然ラクになります!


アクティブな仕事柄もあって、取れてしまわないかが心配

やはり動くと痛い(ひびく)のは正直なところ

ガーゼを清潔に保つために取り替えに、通院する



わたしの通院間隔や頻度

2018年12月4日,6日,9日,11日,14日,16日,20日,27日

頻繁に通うのは、この8回でした。


ただしばらくは、右側で噛みにくいという精神的な弱さもあり、反対側の抜歯まで(2019.3.5)、大事をとって少し間があきました。

このときには、ドライソケットの部分も少し穴があいているものの、全然平気なくらい。

ほぼ完治できていました。

再受診もためらわず


痛み止めの薬を飲むとおさまるし、激痛ってほどでもないかなって

再受診にも正直、迷ったのですが

診てもらってよかったです。


もし

✔ 抜歯後に痛みが増すことがあったら

✔ 穴がまったく塞がっていなかったら


ドライソケットの可能性あり!



「稀なケースで不運としか言いようがない」と歯医者さんも仰っていましたが

抜歯がめっちゃ簡単なパターンでも起こり得ます。


抜歯の負担の大小にかかわらず、気をつけましょう。

副鼻腔炎


奥歯のすぐ上に上顎洞があるので

歯の根元の炎症から、副鼻腔炎になることがある


わたしはもともと副鼻腔炎もちで

とくに左鼻の症状が重い


2回めの左上の抜歯のあとには、

副鼻腔炎とおなじ感じの、顔面痛のような症状がでました。


たとえ抜歯が簡単でも、やはり油断禁物

定期検診と虫歯


親知らずの抜歯以来、通うようになった定期検診にて

初の虫歯が発覚

右下一番奥の歯に小さい黒い点=穴があいていました。


これが穴なのかってぐらいで、気づかず

痛いとか滲みるとかもなく

定期検診がなかったら放置していたでしょう・・・(怖)


穴が小さくても、中の方で広がっていることがあるらしく

すぐに治療をお願いしました。


麻酔なしでまったく痛みもなく、体感5分ほど、その一度で終了





ずっと歯磨きは歯ブラシだけでしたが

これを機に勧められたのが「デンタルフロス

デンタル フロス
created by Rinker

歯科定期検診では

✔ 歯周病や虫歯がないか診てもらえる

✔ 歯のクリーニングをしてもらえる


歯ブラシやフロスの正しい使い方を教えていただけたり

自分では気づけない症状にも早く対処していただけるし

プロの磨く技術のおかげで、よりスッキリ感

安心で心強い


どなたも是非

定期的に検診を受けましょう!


>>>>>

最新歯科情報



歯は命

かけがえのないものです。


毎日のセルフケアも、もちろん忘れずに!

>>>>>

薬用パールホワイトプロ シャイン
歯磨き粉
created by Rinker
歯ブラシ
created by Rinker

歯の健康も大切に


親知らずを抜いたら、あらためて

当たり前にある口の機能の有難みを実感しました。


噛めないって大変


親知らずの抜歯は一時的なものですが

ずっと使わ(え)ないと・・・固まったり衰えたり


・硬いものが食べずらい
・食べこぼす
・自分の唾液でむせる
・滑舌が悪くなる
など

口腔機能低下の兆しが表れる「オーラルフレイル」も

QOL(生活の質)や健康寿命にも大きく影響してきます。


口まわりの筋力も低下すると、咀嚼しにくくなり

よりいっそう口の機能が低下するという悪循環に陥ります。



口まわりのトレーニングは、これら口腔機能の低下の防止につながる予防のひとつ

>>>顔トレはおすすめ!



食べることは生きること

一生自分の歯で、おいしく食の営みを

歯の健康は大切です。

歯科医師・歯科技工士があなたの歯をプロデュース








最後までご覧いただき、ありがとうございます。

▼

ポチッと押して応援いただけると
大変うれしいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いた人
Ayazami

シンプル好きな内向型ミニマリスト。
健康運動指導士(フィットネスエアロビクスインストラクター)として2010年~フリーランス活動中。
半径5メートルの世界で健やかにたおやかに暮らすためのライフハックを簡単にまとめています。
サイトデザインとコーディング例のサイト▶https://www.ayakoazami.site/

Ayazamiをフォローする
健康・身体
シェアする
Ayazamiをフォローする